Birthday Song

 

CD

CD

ユーチューブ

ウェブストア

Kogure shake takehiko

Profile

1960.3.8
東京都杉並区に生まれる。
13歳でフォークギターを弾き始める。
15歳の時友人がエレキギターを弾くのに衝撃を受け、以後ROCKに夢中になる。
1976
初めてロックコンサートをやる。演奏曲はビートルズ、ディープパープルなどのコピー。以後、自主コンサートなどをやりながら10代を過ごす。
1980
20歳。プロのミュージシャンになると決め、家を出て曲を作り始める。
1981
初めての渡米。ロサンゼルスで2ヶ月間、黒人のバンドに参加する。
1984
レベッカでプロデビュー。
1986
レッドウォーリアーズで2度目のデビュー。
以降、海外レコーディング、武道館、西武球場などの公演を行う。
1988
広島ピースコンサートテーマソング『君を守りたい』作曲で日本レコード大賞特別賞受賞。
1989
ロサンゼルスに移住し、Casino Driveを結成、5年間の音楽活動。
1995
帰国。サイコデリシャス名義でソロ活動を始め、再結成したレッドウォーリアーズも平行して活動。
2003
長男誕生を機に富士山麓に移住。 以降自然をテーマにしたソロ活動と平行して、より自由な音の表現を求めたバンド、Mtデリシャスを結成、2011年まで活動。以後、自然をテーマにしたアコースティックの活動に入る。
2011
初のアコースティックインストアルバム、「水と光の魔法」を発表。
2011年4月より山梨日日新聞にて子育てコラム「富士山と太陽の下で」連載開始。
(2013年3月終了)
2012
オリジナルの活動の他に、Pink Floydトリビュートバンド「PINK FLOYD TRIPS(現・原始神母)」でのライブも行う。
2016
「浮遊」で4枚のアコースティック・インストの活動に区切りをつけ、新たなバックアップバンド、Big Mountain Blue(Key.三国義貴、B.山崎洋、Dr.&Per.丹菊正和、Cho.ラヴリー・レイナ、Violin.とエレクトリック、アコースティックを併用した久々のロックアルバム「惑星にて」を発表。
2017
原始神母でフジロックフェスティバル出演。
2019
Red Warriors、1989年発表のアルバム「Swinging’ Daze」30周年を記念、リニューアルした、トリビュートツアー、ライヴアルバムを発表。並行して、Big Mountain Blueと共に通算26枚目のオリジナルアルバム「楽園の向こう側」を発表。

最新の情報をお届けします

news

【Live】8/17~LIVE配信決定!RED WARRIORS 35th Anniversary 『Lesson 1 & Casino Drive』

【LIVE配信決定!】8/17~RED WARRIORS 35th Anniversary 『Lesson 1 & Casino Drive』

もっと、ニュースを見る

ライブスケジュール

live schedule

08月19日(金)
仙台・LIVE HOUSE enn 3rd

08/20(土)
石巻・La Strada
08/21(日)
秋田・Music Bar Porto(Guest:安全バンド)
08/26(金)
汐留・BLUE MOOD(Guest:ARIA violin)
08/27(土)
甲府・桜座(Guest:ARIA violin)
08/28(日)
蓼科・天空のライブハウス ピラタス 2
09/03(土)
ミニライブ・吉川市演劇プロジェクト『ばかされ 〜異聞吉川村狐化〜』
09/04(日)
富津・Dramatic space UMINECO
09/10(土)
浦和ロックシティin横浜 ~浦和のRock魂がYOKOHAMAで炸裂~

もっとスケジュールを見る

ディスコグラフィー

discography

木暮

木暮

20120年10月25日発売 \3,000円(tax in)

他の音楽CDも見る

このCDを買う

ギャラリー

gallery

最新の情報をお届けします

news

ゾンビ昇天

還暦ライヴをきっかけに、リマスター発売、そして2本のライヴと、2022ゾンビ復活祭が終わった。
今回は自分の歌う2ndもやって、活動していた頃から30年経って、アメリカ時代の音楽をこれだけ真剣に演奏できたのはとても良い経験だった。

当時、レベッカ、レッドの後で、ついに日本語の縛りもなくなり、自由に音を創作して、音楽を追求できたのはその後の活動にも大きくプラスになったと思う。

今回演奏してみても改めて面白い音楽だと思えたし、忘れていた事、今だから感じられる事、加えられる事もあって、有意義なリユニオンになった。

このブログを読む